耳鳴りの原因や治療方法、対処の仕方などについて解説

耳鳴りと認知症の関係について

スポンサーリンク

耳鳴りは、人工の10〜15%の人が経験するポピュラーな症状です。
耳鳴りの聞こえ方は千差万別で、人によって違います。
耳の中に異物があり、実際に音が聞こえている場合と、本人の耳の近くを通る血管に血が流れる音が聞こえている場合などがあります。
精神的な要因もあり、うつ病や認知症といった症状を治すことで、耳鳴りも治ることもあります。
心理的な要因も多くみられ、耳自体を治療しても治らないこともあり、原因を探るのは容易ではありません。
また、耳鳴りがするので調べてみたら、脳卒中や脳腫瘍などが発見されたりと、耳自体の病気よりもその他の要因で起こる場合も多くあります。
頭痛などを伴っている場合には、重病かもしれないので医師を受診します。

スポンサーリンク

認知症の人は、なり始めは普通の生活を送ることができるので、なかなか気づくことができません。
高齢者になると、物忘れをすることも日常になり、認知症との区別もつきにくくなります。
手遅れになってしまわないうちに、予防をすることが重要で、そのためにも耳鳴りは早期発見の手段に役立ちます。
脳が萎縮することで起こる認知症も、脳が原因の病気も、最初の兆しを見逃さなければ大事には至りません。
耳鳴りは、このいろいろな脳の病気や、精神状態の異常を知らせてくれるサインです。
認知症が疑われる人は、一刻も早く専門医での検査を受けることをお勧めします。
早期から治療すれば、進行は防げます。
家族や周りの人に迷惑をかけないようにするためにも、医師に相談することをお勧めします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加