耳鳴りの原因や治療方法、対処の仕方などについて解説

耳鳴りの意外な理由と対処法

スポンサーリンク

耳鳴りは、飛行機に乗った時や登山した時などで多くの人が経験していますが、慢性的な耳鳴りで生活に支障をきたしている人は5%程度で、脳梗塞など重大な病気が潜んでいるケースはほんのわずかと言われています。
しかし耳鳴りが不快であることは変わりませんから、その理由が何であるかを知り、解消する方法を探りたいものです。
耳鳴りの症状にはいくつかのタイプがあり、それによってある程度原因も分かります。
「耳に水が入ったようにブーンと音がする」ケースでは、低音型突発難聴が疑われます。
またメニエール病のこともあります。
「拍動のあわせてドクドクと聴こえる」血管性耳鳴りの場合は、自然に良くなることが多いのですが、治らない場合はMRAなどで血管のチェックを行なったほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

それ以外にも、「気圧の変化や耳垢などで鼓膜に穴があく」場合や、「内耳に満たされている外リンパ液が中耳に漏れ出す」場合などがあります。
耳鳴りの辛さは本人にしか分からず、他人に理解してもらうことが難しいのが現状です。
最近はとくに不思議な耳の病気が急増中です。
初めはキーンと音がして聞きづらいだけだったのが、やがて自分の声が反響したり、ジェット機のような轟音が聞こえるようになるのです。
この症状は全国の耳鼻咽喉科の医師でも知らない人がいるのですが、耳と鼻をつなぐ耳管が開放されたままになることで起こります。
対処方法として、血行改善やリラックスおよび水分補給がポイントとなります。
絶対やってはいけないのは、鼻をつまんで息を吸い込むことです。
自然に治ることも多いので、不快な症状を回避する方法を知り、試してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加